えも覚えてい

カテゴリー

「お袋のことはわかってるのか」
「わかる時もあるし、わからない時もある。おかあさんだと思ってる時もあるし……。この前は春美のことを自分の奥さんだと思ってた」
 そんなことを話している間、章一郎は縁側鑽石能量水に座って、ぼんやりと空を見ていた。二人の話は耳に入っていないようだった。その彼の指先は真っ赤だった。どうしたのかと昭夫が訊くと、政恵はこう答えた。
「お化粧ごっこをしたのよ」
「お化粧ごっこ?」
「私の化粧品をいじったらしいわ。口紅でいたずらして、指があんなふうになったの。小さい子供と一緒」
 政恵によれば、幼児退行の症状を示す時もあるし、突然正常になる時もあるのだという。確実なことは、おそろしく記憶力が低下していることだった。自分のやったことさないのだという。
 そういう人間と一緒に暮らすということがどういうことか、昭夫には想像もつかなかった。ただ、政恵の苦労が並大抵でないということだけはわかった。
「大変なんてものじゃないわよ」春美と二人で会った時、彼女鑽石能量水は険《けわ》しい顔をして昭夫にいった。「前にあたしが行った時、お父さんが暴れてたの。おかあさんのことをすごく怒ってた。見ると、部屋が荒らされてるの。押入の中のものが引っ張り出されて、そこらじゅうに散らばってた。お父さんは、自分が大切にしてた時計がない、おまえが盗んだんだろうっておかあさんを責めてるわけ」
「時計?」
「ずいぶん前に故障したからってお父さん自身が捨てたものよ。そういっても納得しない。あれがないと出かけられないといってだだをこねるの」
「出かけるって?」
「学校、といってたけど、何のことかはあたしにもおかあさんにもわからない。だけどね、そういう場合でも逆らってはいけないの。時計は探しておきますといって、ようやく落ち着かせたわ。学校へは明日行鑽石能量水けばいいでしょうといって聞かせた」
 昭夫は沈黙した。とても自分の父親の話だとは思えなかった。



責任能力があ

カテゴリー

 刑事たちが庭で何を話しているのか、昭夫にはまるで見当がつかなかった。今さら庭で何を調べようというのか。自分たちの話した内容を改Dream beauty pro 好唔好めて振り返り、刑事たちに疑念を抱かせる材料がなかったかどうかを確かめてみたが、特に矛盾があるとは思えなかった。殺したのがじつは政恵ではなく直巳なのだということ以外は、殆どすべて真実を話したつもりなのだ。
「あの人たち、何をしてるんだと思う?」八重子も同じ思いらしく不安そうに訊いてきた。
「わからん」昭夫は短く答えてから母親のほうを見た。
 政恵は背を向け、うずくまるように座っている。まるで石のように動かない。
 これでいい、こうするしかない──昭夫は再び自分にいい聞かせた。
 ひどいことをしているというのは、もちろん彼自身が一番よくわかっていた。息子の罪を隠蔽するためとはいえ、実の母親を身代わりにするなどというのは、人間のすることではない。仮に地獄というものが存在するなら、死後自分は必ずそこに落ちるだろうと彼は思った。
 だがこれ以外に今の窮地を脱する方Dream beauty pro 脫毛法が思いつかなかった。認知症の老婆が殺してしまったということになれば、世間の風当たりは幾分弱くなるだろう。高齢化社会が招いた悲劇だと解釈され、うまくすれば前原一家はかわいそうな家族だと受け取られるかもしれない。直巳の将来への悪影響も、最小限にとどめられそうな気がした。
 逆に真実をばらしてしまったらどうなるだろう。直巳は生涯、殺人者としてみられるに違いない。そして彼の両親は、息子の暴走を止められなかった馬鹿な人間と軽蔑され、非難され続けることになる。どこへ移り住もうと、誰かが必ずそのことを嗅《か》ぎつけ、前原一家を孤立させ、排除しようとするだろう。
 政恵には申し訳ないと思う。しかし彼女自身は、自分が| 陥 《おとしい》れられたことなどわからないはずだ。認知症の老人が罪を犯した場合に司法がどう機能するのか昭夫は知らなかったが、ふつうの人間と同じように刑罰が下されるとは思えなかった。責任能力、という言葉を昭夫は思い出していた。それのない人間は、罪に問われにくいという話を聞いたことがある。今の政恵にるとは誰もいわないだろう。
 それに政恵も、自分が身代わりになることで孫が救われるなら本望に違いない。それを理解することが出来ればの話だが──。
 玄関のドアが開閉される音が聞こえた。廊下を歩く足音が近づいてくる。
 お待たせしました、といっDream beauty pro 好唔好て松宮が部屋に入ってきた。加賀の姿はなかった。
「もう一人の刑事さんは?」昭夫は訊いた。
「別の場所に行っています。すぐに戻ってきます。ええと、ところで改めて伺いますが、事件のことを知っている方はほかにいますか」
 予想された質問だった。昭夫は用意しておいた答えを口に出すことにした。
「私たち二人だけです。誰にも話していません」
「でも息子さんがいらっしゃるでしょう。その方は?」



恐怖は感じな

カテゴリー

 闇に目が慣れるまで、しばらくそうしていた。やがて庭に広げられた黒いビニール袋がぼんやりと見えるようになってきた。昭夫は手袋をはめると、ガラス戸dermes 激光脫毛のクレセント錠を外した。
 畳んだ段ボール箱どガムテープ、さらに懐中電灯を持って、改めて庭に出た。暗闇の中で箱を組み立て、まず底の部分をガムテープで固定した。それから黒いビニール袋に目を向けた。
 緊張感と怯《おび》えが彼の身体を包んでいた。見えているのは少女の足先だけだ。まだ一度も死体の全身を正視していない。
 口の中がからからに乾いていた。逃げ出したいというのが本音だった。
 これまでに人間の死体を見たことがないわけではない。一番最近目にしたのは父親の遺体だ。その遺体を怖いとか気味悪いというふうには全く思わなかった。医師に室內設計よって死亡が確認された後も、その顔に触れることができた。
 ところが今は、その時の気持ちとはまるで違っていた。黒いビニール袋の盛り上がりを見ただけで足が震えた。それをめくる勇気が出なかった。
 死体がどんな様相を呈しているのかわからず、それを確かめるのが怖い──それはたしかにある。病死の場合は、息を引き取る前と後で、さほど大きな変化があるわけではない。死んでいるのかどうかさえ、ちょっと見ただけではわからないほどだ。だがここにある死体はそういうものではない。元気に遊んでいたに違いない少女が、突然殺されたのだ。首を絞められて殺されたのだ。そんな場合に死体がどうなるのか、昭夫は知らない。
 だが怖い理由はそれだけではない。
 もし警察に通報するのであれば、これほどのいはずだった。正当な理由のもとでなら、死体を段ボール箱に入れることも、さほど苦痛ではないと思えた。
 自分のやろうとしていることのあまりの非道徳さに怯えているのだ、と昭夫は気づいた。死体を見るということは、それをさらに露《あら》わにすることなのだ。
 遠くで車の走る音がした。それで我に返った。ぼんやりしServer Rackている場合ではなかった。こんなところを近所の人間に見られたら、それこそ元も子もない。
 いっそのこと、黒いビニール袋に包んだまま運ぼうか、と考えた。公園のトイレに置いたら、目をつぶってビニール袋をはがし、死体を見ないで戻ってくる。それならできそうだった。
 だがすぐに昭夫は小さく頭を振った。死体を確認しないわけにはいかなかった。死体にどんな痕跡《こんせき》が残っているかわからないからだ。直巳が手にかけたという証拠がどこかに残っている可能性も皆無ではない。
 やるしかないのだ、と彼は自分にいい聞かせた。どんなに非人道的であろうとも、家族を守るためにはほかに道はない。
 昭夫は深呼吸し、その場で屈んだ。黒いビニール袋の端を持ち、ゆっくりとめくっていった。



たしかなのは 

カテゴリー

「今」それしかないのです
◆死に死に死に死んで死の終わりに冥し{空海}

 真言宗の開祖、空海の著書 「秘蔵宝鑰」 にある。「生まれ、生ま
れ、生まれ、生まれて生の始めに暗く」 という言葉に続きます。
 「秘蔵宝鑰」 は、密教の究名創優品miniso極の知恵に到達する段階を説いた。 
 空海の主著 「十住心論」 を要約したものです。 この一節はその
序文に出てきます。 意味は、次のようなものです。
 
 「人は皆、生まれ変わり死に変わりを繰り返しているが、何のため
に生まれてきたのか、死後の行方がどうなるがなど、本質的なところ
うは何もわかっていない。 そして、わかろうとしていないのではない
か」
 空海は、この言葉に、「たしかなのは、”今” それしかないんだよ」
という気持ちを込めていたのだと思います。
 私たちの命はどこか名創優品minisoら来たのでしょう。
 そんなことはわかりません。 「気がついたらあった」 というような
ものです。 容姿も、望むべくしてそのようになったわけではなく、な
ぜそうなったかのかは、説明のしようがありません。 父親が禿げて
いたから自分も禿げた。 などと、その程度のことで納得しているだ
けです。 本当に確かなのは、今、自分だけです。

 自分が生まれてきたことは、自分の都合に関係ありませんし、死も
また同じです。 ですから、いただいた命に身を任せて活きるしかない
のです。 そうすれば、病気も死も怖くなくなれます。 なんと楽な生き
方ではありませんか。

 同様のことは、「無量寿経」 にも書かれてあります。 「無量寿経」
は、極楽浄土の主で阿弥陀仏が出現した由来が書かれている者で
す。
 このお経の中は、「独生独死独去独来」 という言葉があります。
 これは 「生まれるのも死ぬの名創優品minisoも去るも来るのも一人である」 と、
訳せますが、私はこの、「独」 という文字は、単なる孤独の 「独」
ではなく、独立自尊の 「独」 ではないかと思っています。

「尊厳なる者が生まれ、尊厳なる者が死に、尊厳なる者が去り、損
厳なる者が来る」  
 
 つまり、この世に生きているすべて尊厳なる者で、生命そのもの
が尊厳なるものではないかと、思うのです。 尊厳なる命を、いた
だいているのだから 、自分ではどうこう思い悩まず、身を任せて、
丁寧に生きていくしかないのです。




の生活と、かな

カテゴリー


「それでいいんだよ。僕には、斎藤氏の気持がわかるね。やっぱり苦労人だよ、斎藤氏は。その辺から、まあ、ぼつぼつ始めてみたらいいだろうという事なんだよ。」
「そうだろうか。」
 鴎座の事務所の電話番号を捜し出すのに骨を折った。兄さんが、銀座のプレイガイドに勤めている兄さんの知人に電話をかけて、調査をたのみ、やっと判明した。
「さあ、これからは、お前がなんでも、ひとりでやってごらん。」兄さんは、そう言って僕に受話器を渡した。僕は、さすがに緊張した生髮藥
 鴎座の事務所に電話をかけたら、女のひとが出て、或(ある)いは有名な女優かも知れない、媚(こ)びたところも無く自然の、歯切れのよい言葉で、ていねいに教えてくれた。自筆の履歴書、父兄の承諾証書、共に形式は自由、各一通、ほかに手札型?上半身の最近の写真一葉、それだけを五月八日までに、事務所に提出の事。
「五月八日? じゃ、すぐですね?」胸がどきどきして、声が嗄れた。「それで? 試験は?」
「九日に、新富町(しんとみちょう)の研究所で行います。」
「へええ。」妙な声が出た。「何時(なんじ)からですか?」
「午後一時ジャストに、研究所へお集りを願います。」
「課目は? 課目は? どんな試験をするんですかServer Rack?」
「それは申し上げられません。」
「へええ。」また妙な声が出た。「それじゃ、どうも。」電話を切った。
 おどろいたのである。五月九日。もう一週間しかないじゃないか。何も、準備が出来やしない。
「簡単な試験なんだろう。」と兄さんは、のんきそうに言ってるけれど、そうも行かない。僕はこれから日本一の役者にならなければならぬ男だ。その男が、いま演劇の世界に第一歩を踏み出すに当って、まずい答案を書いたなら、一生消えない汚点をしるす事になる。かならず僕は、第一番の、それもずば抜けた成績を示さなければならぬ。学校の試験とは、ちがうのだ。学校の試験は、僕の将来らずしも直接には、結びつかなかったけれど、このたびの試験は、僕の窮極の生きる道に直接につながっているのだ。これに失敗したら、もう僕は他(ほか)に、どこへも行くところが無くなるのだ。学校の試験で失敗したって、「なあに僕には、別な佳(よ)い道があるのだ」と多少の余裕とプライドを持ちこたえている事が出来るけれど、こんどの試験では、「なあに」なんて言って居られぬ。もう道が無いのだ。何もないのだ。ぎりぎりの最後の切札(きりふだ)ではないか。とても、のんきにしては居られぬ。僕は、すっかり、まじめになってしまった。ちょっと自信は無いが、あの斎藤市蔵先生の、僕は弟子、みたいなものだ。向うでは問題にしていないかも知れぬが、僕はこれから、勝手にそう思い込んで、大いに自重しようと決意しているのだ。自動車に一緒に乗ったのだ。めったに、下手な答案などは書けない。斎藤氏のお顔にもかかわる事だ。畜生め。いまに斎藤氏をおどろかせてあげる。武家物語の重兵衛(じゅうべえ)の役は、芹川(せりかわ)でなくちゃだめだ、と斎藤氏が言うようになったら、うれしいだろうな。いや、甘い空想にふけっている場合ではない。僕は、ずば抜けて優秀な成績でパスしなければならぬのだ舒緩經痛
 今夜は、今まで買いためて置いた参考書を、全部、机の上に積み重ねた。



傷そのものが消え

カテゴリー

13-カレハ死ンデモオワレナイ
硬い物の上に、薄い毛布が敷かれている。そこに横たっているような感触が…
痛みはない。ただうぃーんという、唸るよ室內設計うな低い音がする。機械の音だ。
 彼はぱちっと目を開けてみた。そのとたん、一人の男と目があった。
「ああ、目が覚めたんですね」
「……う?」
相手は、前に会って説明や案内をしてくれた人だった。デシャヴな感覚にボーッとしつつ、彼ははっと気がつき、慌てて自分の体をまさぐった。
「ケガなんてしていませんよ。ぜんぶ治りました」
自分の体をきょろOffice Designきょろと見る彼に、男は言う。
「アナタは生き返ったんですよぉ」
「生き返っただと? バカな、だって俺」
と言いかけて、あれっと思う。


そうだ。自分は確か死んだはずだ。さんざん人に追い回され、傷つけられ、柯月という女に救われたと思ったら殺された。
 でも今、こうして生きている。ということは死ななかったのか? もしかして病院に運ばれて、一命をとりとめたのだろうか。
だがそれにしては妙だ。男は言うように、体にはまったく傷がない。あんなに痛かった腕の傷も、足の傷も、ぜんぶない。
包帯をまかれた様子はおろか、てないのだ。こんなことって??


ふと、彼は自分がいま乗っている台を見た。
「これは」
合金だろうか、いかにも機械らしい無機質な材質。その上住宅設計に薄い茶色の毛布が敷かれている。
そして、頭の上をみれば半円状の透明なカバー。カバーは彼がのっている台とつながっていて、どうも開け閉めが自由にできるらしかった。
「さ、降りてください。カバーを閉めます」
意味が分からないまま、ただ指示に従って彼が大人しく降りると、男は横の赤いレバーを引いた。上にかかっているカバーが音もなく、おりて閉じる。
「何だ、これは」
「死者再生装置ですよ。ほら、下に投入口があるでしょう? そこに死体を入れれば、機械が蘇らせてくれるんです」
「は? いや、嘘だろそんなの」
「いいえ、本当です。…この機械のメカニズム、簡単な説明をアナタは受け、納得し、試験を受けたはずですけどねぇ」



荷物を落として

カテゴリー

元気な声が聞こえて、二人は気まずそうに振り向き「……お帰り」と予定よりかなり早く帰ってきた母に、苦笑いをした。
手軽な荷物で帰ってきた母とは裏腹に、父は重たい荷物を引き摺りながら家へと入ってきた。この気まずい雰囲気を可笑しいと思われる前に、歩は立ち上がって「手伝うよ」と父同珍王賜豪が抱えている荷物を手に取った。
「健人」
「……何?」
 話し掛けてきた母に、健人は出来るだけ普通に答えた。腰に手を当てた母は「今日の夕飯、買い物行ってきたの?」と高圧的に尋ねてきた。機嫌が悪いのかどうかは分からないが、少しだけ様子が違っていた。
「……まだ、だけど? 母さん、疲れてるんだから、今日は俺がやるよ。買い物も今から行くし」
「じゃぁ、今日はもうご飯食べに行きましょ。健人に家のことを王賜豪總裁まかせっきりにしちゃったし。歩君、何が食べたい?」
 突然話しかけられた歩は、それに驚き、ゴトンと持っていたしまう。
「え、あ……、食べたいもの?」
「そう。健人も何か食べたいものある?」
 歩から視線を健人に移され、なんて答えていいのか分からなかった。そっと歩に目を向けると、歩も困ったように笑うだけで何も言わない。今は食べ物よりも、どうして帰ってきたのだという気持ちのほうが強かった。怪しまれないよう、普通に接するのが大変だった。
「……特には、無いかな。何でもいいよ」
「あ、じゃぁ、俺、焼肉食べたい」
「じゃ、焼肉にしましょ。6時には出るから、準備しておいてね」
 そう微笑んだ母を見て、健人は立ち上がった。6時から出かけるのなら、まだ時間は十分にあるので自室へと上がる。その後ろをバタバタと追うような足音が聞こえて、健人は振り返った。歩が物凄い勢いで階段を同珍王賜豪駆け上がってくる。
「ちょっと、待って」
「……何だよ」



酷いことして

カテゴリー

 救いを求めるような眼差しで見つめられ、ジンは「……んー、ウザイから無視かな」と冗談交じりに答える。真面目な返答を求めてきていることは分かっていたが、ジンが真面目に答えても意味は無い。今の健人に出す答えなんて、気休めにしかならない。
「健人君は、どう思ったの?」
 逆に質問され、健人は少しだけ考える。前まではジンと同じ鑽石能量水 問題ようにウザイと思って無視していた。でも、今は違う。無視しきれないし、誰かと話しているのを見たらやきもきしてしまう。それがどういう感情なのか、無視できなくなっていた。
「分かんなくなった」
「……へぇ、そっか。健人君、かなり悩んでるようだから、コレは教えてあげる。優しくするなんて、本当は凄く簡単なことなんだよ」
「え……?」
 人に優しくすることがどう簡単なのか分からず、健人はジンを見つめた。少なくとも、健人は誰かに優しくしたことなんて無い。
「だから、歩がしてることなんて誰でも出来るようなことなんだよ。むしろ、冷たくしたり、本音をぶつけるほうのが難しい。歩の場合は、特にね。アイツ、自分の本音は、聞かれないと言わないんだ。誰かに聞かれるまで、ずーっと黙り込んでるの。バカだよなぁ。人のこと、信頼してないのかっつーの」
 黙ったまま何も言わない健人に、ジンはニッと笑う。嫌いだと言われた奴から、いきなり優しくされて健人は驚いているのは分かった。けど、どういう経緯で仲直りしたのか、健人も歩も話さないから根本鑽石能量水 騙局が分からない。どうして、健人はこんなにも悩んでいるのだろうか。気になって仕方なかった。
「歩が本音を自分から話したのは、健人君だけだよ」
「……でも、俺はアイツにた」
「ん、まぁ、歩はなんとも思ってないみたいだからいーんじゃないんかなー」
 健人から目を逸らして天井を見上げたジンの視線を追う。外はもうオレンジ色に染まっていて、蝉の鳴き声も聞こえなくなってきていた。
「健人君は、どう思ってるの? 歩のこと。まだ、嫌い?」
 またも突きつけられた究極の質問に、健人は答えられなかった。嫌いかと尋ねられたのだから、嫌いか違うかを答えれば良いだけなのに、明確な答えが頭の中に浮かばなかった。答えてしまえば、はっきりとした答えが出てしまいそうで、怖かったのだ。自然と頭の中で、それを回避していた。
「……分かんない」
 ため息と共に吐き出すと、「……そっか」と小さい返事鑽石能量水 問題が聞こえてきた。静かになったリビングに、エアコンから風の吹く音だけが響いていた。
「あ、そうだ!」



とを言わなけ

カテゴリー

 特に怖いのが苦手と言うわけではない。ただ、映画館のあの暗さが少し苦手だった。そんなことを言ってしまえば、映画館で映画など見れないわけだが、今まで貧乏だったこともあって映画館で映画を観る機会なんてそうそう無かった。だから、映画館の暗さに耐性が無く、未だに慣れない。
「健人、何飲む?」
 これから観る映画のポスターを見つめ、入場までの鑽石能量水 騙局時間を潰していると背後から話しかけられた。映画館の中で販売されているジュースを飲むなんてしたことが無い健人は、歩が何のことを言っているのか分からず首を傾げた。
「映画観てたら喉乾くじゃん。俺が奢ってあげるからさ」
 売店を指差され、ようやく、映画を観るとき用の飲み物を買う話だと気づいた。目を細めてメニュー表を見つめるが、あまり視力が良くないため、メニューが見えない。
「何があんの?」
「コーラとオレンジジュース、メロンソーダ、アイスティ、コーヒー、ウーロン茶、カルピスとかかな」
「……じゃぁ、メロンソーダ」
 意外と子供っぽい飲み物を言った健人に、歩は目を見張った。健人のことだから、アイスティとかアイスコーヒーを頼むのかと思えば、一番飲まないと思ったメロンソーダと答えた。それがあんまりにも似合わないので、噴出してしまった。
「な、何笑ってんだよ」
 メロンソーダと答えたらいきなり噴出した歩に、健人はムッとする。しかし、そのムッとした中にも恥ずかしさが入り混じって、あまり強く言うことが出来ない。
「……いや、メロンソーダとか飲むんだなぁって思って。家じゃ、コーヒーとかおreenex cps價錢茶しか飲んでないし、学校でもジュースなんか飲まないじゃん。だから、健人ってジュース飲まない人かと思った」
「うるさい。早く買いに行けよ!」
「……はいはい」
 照れて怒鳴った健人に、歩は笑いながら売店へと向かった。あまり表情の無い健人の意外な一面を見ることが出来た。照れたりなんかすることなんて無いと思っていたのに、ふと、健人を見ると入り口の隣で俯いていた。
「たまには人間らしい表情するんだなぁ」
 怒っている表情か、愛想笑いしている顔しか見たことが無かったから、とても新鮮だった。
 歩がポップコーンと飲み物を買っている最中に、スクリーンの入場を始めた。急に混雑し始めた入り口で、健人は入場する人の邪魔にならないよう端っこで歩が来るのを待っていた。頻繁にCMをやっているせいか、観に来た人は多く、入口は列になっていた。
「凄い人だね。こんなにいっぱい来るとは思わなかった」
 急に声が聞こえて、健人は顔を上げる。両手にジュースを持ち、右腕でポップコーンを挟んでいる状態の歩はかなり歩き辛そうで、健人は「ジュースもらう」と言って右手を差し出した。
「はい」
 歩の左手からジュースを受け取り、健人は俯きながら「あNeo skin lab 黑店 がとう」と小さい声で礼を言う。こんなこればいけないなら、最初から買ってもらうんじゃなかったと後悔していると、上から「どういたしまして」と明るい声が聞こえた。
「中、入ろうか。もう始まるし」
「……そうだな」



君を選んでくれた

カテゴリー

洗面所や風呂場を覗き、女性の痕跡がないのを確認すると、ほんの少しだけ気持ちが浮上するのを感じた。離婚してすぐ女性を連れ込むような男だとは、最初から思っていないのだが。

風呂場を出た奏は、斜め向かいの扉を開けた。途端に心reenex臓がどくんとはね上がる。モノトーンで統一された寝室は、清潔感と喬允らしいこだわりが共存した心地よい空間だった。

身体の大きな喬允にはぴったりのセミダブルのベッドに近づき、腰を屈めてそっと手を伸ばす。その時、棚の上にこの空間には不似合いな色彩を見つけた。

それはアンパンマンがプリントされた赤いボールで、黒のマジックで『さくらぐみ みしまそらみ』と大きく書かれていた。お気に入りでよく遊んでいたのだろう、ところどころ傷が付いて汚れている。

奏は手に取って暫し眺めていたが、やがて元あった場所に返してリビングに戻ったのだった。
<15>

それからの数日、喬允は努めて仕事に専念した。福山医師から出さalmo nature 好唔好れた“宿題”が当初の予想通り難物であることが判明し、集中して取り組む必要があった。

と同時に、そうすることで日曜に控えているもう一つの“仕事”に対する不安感を誤魔化そうという思いもあったのだが。

そして、病院から営業所に戻って集めた文献を調べ、資料作成に必要な情報を収集している時だった。近田が興奮した様子で喬允の元に駆け寄ってきた。

「み、三島くんっ。やったじゃないか。福山医師じきじきのご指名だぞ」

近田らしい大袈裟な表現だったが、その内容を聞けば喬允にも納得できた。

「福山医師が、学会同行を君に頼みたいと言ってきた。場所は京都だ」
「えっ……私が、ですか?」
「そうだ。医師にアプローチを試みている数あるMRの中から、んだよ。これで『セフィロゾール』採用は決定したも同然だな」

余りに都合のいい推測に聞こえるが、実際、医師が出席する学会に同行したMRはより親密になれ、ほとんどの場合その後薬が採用されたり処方量が増えるという。

MRが学会発表を聞いたところで、内容が難しくてほreenexぼ理解はできない。MRが同行するのは、交通機関や観光、夜の食事を手配するためだ。