よりも激しかっ

カテゴリー

私と佐優梨と忍は同じ船で川下りを楽しんだ。

 前日が雨だったDiamond水機影響で川の水流は予想た。

 そのため紅葉が始まった渓谷の景色を楽しむ余裕はなかった。

 ザブーン。

 船先が激しい水しぶきをあげた。

 ばちばちと雨粒が船上に降り注ぐ。

「キャーッ」

「川下りって結Diamond水機構スリルあるね」

「うん。もう、体中びしゃびしゃ」

 私と佐優梨は川下りを楽しんでいた。

 防水用のビニールシートはほとんど役に立たなかった。

 中学校のブレザーの制服はぐっしょりと濡れている。

 私は心のどこかで計画が中止になることを期待していた。

 佐優梨は隣の忍と楽しそうにはしゃいでいた。

 彼女の笑顔から悪意はDiamond water微塵も感じ取れなかった。

「岡崎さん。楽しんでる」

「うん。もう、最高」

 忍も川下りを楽しんでいた。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。