と思いきや

カテゴリー





「先ほど仕事で失敗したと仰いましたね。奏は何をしたのですか?」

病院へは、喬允の車で向かうことにした。その車中で、喬允は気になっていたことを本多に訊ねた。本多は前を見据えたまま、

「ちょっとしたお使いだ。ある荷物を運び、男からその代金を受激光脫毛價錢け取って指定口座に振り込む。それだけだ」
「それだけ? なのに何故―――」
「相手の男が、ここには金を持ってきていないと言った。金は事務所に置いてあるから取りに来てくれと。その場合、決して荷物は渡さず、すぐ私に連絡するよう言ってある。なのに奏は私に連絡もせず、男に付いていった。案の定、事務所には四人の男が待ち構えていて、奏から無理やり荷物を奪おうとした」

ハンドルを握る手がじんわり汗ばむ。ここまで聞けば、善良な一般人の喬允にもさすがに見当が付いた。

「その……“荷物”というのは何ですか?」

本多はちらと横目で運転席を一瞥し、

「それは聞かない方がいいと思うが」

その答えで十分だった。喬允はぎ楊海成ゅっとハンドルを握り直し、

「……それで、奏は………」

本多はかすかに口元を綻ばせ、

「男たちからの壮絶な暴力で瀕死の大怪我か、ダメージが大きかったのは寧ろあちらさんの方だった。正直なところ、驚いた。奏がこんな武闘派だったとはな」
「あいつは強いですよ。外見も言動も目立つから、学生の頃はよく先輩に目を付けられて呼び出されてましたけど、決して屈せずいつも倍にして返してました」
「ああ、その手の話は聞いたことがある。そのたびに幼馴染みが守ってくれたと奏は言っていたが、それはあんたのことだろう?」

喬允は唇を吊り上げて自嘲をこしらえ、

「守ったなんてとんでもない。ただの事後処理ですよ。全てが終わっ優纖美容好唔好た後に青ざめた顔をして駆け付け、暴力はいけないなんて毒にも薬にもならない説教をして、何があったと騒ぎ立てる教師をうまく宥める。その程度です」

我ながら卑屈だなと思いつつも、喬允の自虐口調は止まらなかった。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。