恐怖の目で見

カテゴリー │California Fitness 收費

メレッサの艦隊は父が新たにくれた艦船が加わって一万隻もの大艦隊になっていた。
 彼女は自分の艦隊の様子を確認に小型の宇宙艇で自分の艦隊に向かっていた。出陣前に一度、実際に自分の艦隊を見ておきたかった。それを見ても何も変わらないのだが、どこか安心できる。
 セダイヤワの周回軌道にはDR Max 教材出撃の準備のため、ものすごい数の宇宙船が浮かんでいるのが窓から見えていた。
「これは、第6旅団、ドイルス将軍の艦隊です」
 横でコリンスが説明してくれる。
「あっちに見えるのが、第2旅団、マリムレイ将軍の艦隊です」
 コリンスがいろいろと教えてくれるが、ともかくものすごい数の宇宙船が浮かんでいることしか分からなかった。ここにドラール軍のほぼすべての軍艦が集まっている。ルビルにいた頃は恐怖の対象でしかなかったドラール軍の宇宙船がこんなにも頼もしく感じるなんて。
 メレッサが乗った宇宙艇は、それらの宇宙船の間をすり抜けていく。
「あれが、姫君の第20旅団です」
 コリンスが指差す方を見た。境目がどこなのか分からないが、前方にたくさんの宇宙船が浮かんでいるのが見えた。あれが私の艦隊らしい、私の艦隊もドラール軍の一部なのだ。全銀河系の人々からられ鑽石能量水ているドラール軍の宇宙船が目の前にある。しかも、それが自分の艦隊なのだ。
 宇宙艇は艦隊の中に入っていく、前方に巨大な宇宙戦艦が見えてきた。
「あれが、旗艦のスリナビです」
 セラブ提督の旗艦だったミルビスより大きく見えた。
「私は、あれに乗るんですか?」
「そうです。あれなら、少々の砲撃を受けても大丈夫です」
「セラブ提督は?」
 ミルビスはどうなるんだろう。私のスリナビが旗艦になるとミルビスは旗艦ではなくなる。
「もちろん、提督もご一緒にご乗艦になります。作戦についDR Max 教材ては提督が助言してくれます」
 コリンスが説明してくれる。助言が絶対に必要だ。メレッサは戦闘になったらセラブ提督に任せるつもりだった。

同じカテゴリー(California Fitness 收費)の記事
 一個人的時光 (2015-05-18 15:40)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。