自分は言える

カテゴリー │兒童安全椅



 一方的に電話は切れた。松下は慌てて妹にかけ直したが、気が遠くなるほどコールしても繋がらない上に、途中から通話中になってしまった。願いをかけて携帯韓國 午餐肉電話を鳴らしたが、留守番電話になるだけで反応はない。怒った妹の仕打ちはひどいものだった。こういうやり方をすれば、自分が断れないと知っているのかと思うとよけいに腹が立ってきた。このまま妹と連絡が取れなければ、食事の約束を断るためだけに、女性に会いに行かなくてはいけなくなる。見ず知らずの人に『来てくれて申し訳ないですが、帰ってください』とだろうか。
 とたん、胃の底が絞られるようにキリキリと痛んだ。腹を抱えたままうずくまる。じっとしていればおさまるかと思っていたが、痛みはひどくなる一方だった。以前、胃潰瘍をやってしまった時に飲んでいた薬が残っていたことを思い出し、よろけるようにしてキッチンの戸棚を探った。ようやく見つけた胃薬を縋るような気持ちで飲み干したが、すぐには痛みは引いていかない。リビングのソファーまでよろよろと歩き、横になる。引かない痛みに、額にうすっらと脂汗がにじむ。そうしているうちに、玄関のほうから物音が聞こえてきた。彼が帰ってきたと気づいて、目を閉じた。眠っているふりをした…。
 足音が近づいてくる。頬に触れられる感触に驚いて、ビクリと背中韓國 午餐肉を震わせた。目を開けると、過剰な反応に彼のほうが戸惑ったような表情で指を引いた。
「起こしてごめんなさい」
「いえ!」
 松下はソファーから起き上がると、指先で額を拭った。胃の痛みに加え、気分で悪くなる。彼が自分の顔を覗き込むような素振りを見せた。
「顔色が悪い」
「夜だからでしょう」
 誤魔化したまま逃げるようにリビングをあとにしようとしたところで、腕をつかまれた。ソファーに引き戻される。
「胃が痛むんじゃないですか」
『いいえ』と否定しても彼は信じてくれなかった。
「キッチンに胃薬が出しっぱなしになってた。最近、食欲もなかったし、ずっと気になってはいたんだけど…何か悩んでいることがあるんですか。俺なんかがでしゃばってどうにかなる問題じゃないかもしれないけど」
 問いかけてくる目は真剣だった。後ろめたさのあまりぎくしゃくと視線を逸らした松下の手を、彼は強く握りしめた。
「どうして俺の目が見られないんですか」
 お互いが黙り込む。居心地の悪さと彼に与えられるプレッシャーで、薬を飲んだにもかかわらず胃の痛みはだんだんと強くなっていく。
「僕は君に話したくない」
 そう言ったとたん、彼の見せた悲しそうな顔に胸韓國 午餐肉を突かれた。慌てて言葉を付け足す。
「問題の解決如何にかかわらず、僕は話をすることで君に嫌われることを裂けたいんです」
 彼は大きく首を横に振った。
「俺は先生を嫌いにはならない」
 言葉を素直に受け取ることができなかった。それどころか、ひどく自虐的な気分になる。
「どうしてそう言い切ることができるんですか。僕のような男よりも、もっと気の利いた誰かを好きになるかもしれないじゃないですか。若い君を引き止めておけるほど、僕は自分に魅力があるとは思ってない。だからマイナス要素はできるだけ排除しておかないと…」
 恋人の顔に怒ったような、厳しい表情が浮ぶのを見て、松下は手のひらにじわりと汗をかいた。どうしようもない焦りが全身に広がる…。
「俺は先生が先生だから好きになった。年齢も職業も関係ない」

同じカテゴリー(兒童安全椅)の記事画像
這世界從未改變我們卻在改變
愛的人嫁人了我是嘉賓
同じカテゴリー(兒童安全椅)の記事
 這世界從未改變我們卻在改變 (2015-06-10 11:57)
 愛的人嫁人了我是嘉賓 (2015-06-05 17:06)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。