無言のまま彼女の

カテゴリー

「早苗……」
「いいかげんにして。やめないと大声を出すわよ」
「かまわないよ」
 高梨は、まるで熱に浮かされてでもいるようだった。小牧味屋早苗を抱きすくめると、ところかまわず、キスし始める。
 早苗は、一瞬、本当に助けを呼ぼうかと思った。だが、高梨をさらし者にはしたくなかった。
「早苗!」
 高梨は、激情に駆られたように、彼女の両腕を掴《つか》んで机の上に押し倒した。ペン立てが頭に当たり、派手な音を立てて転げ落ちる。彼は、さらに早苗の身体を持ち上げて、完全に机の上にのせた。彼女の両脚を抱え上げ、無理やり開かせようとする。
 早苗は、高梨に対して初めて恐怖を感じた。レイプされると思うとjacker薯片、身体が竦《すく》む。たとえ相手が恋人であっても……。頭の後ろを探った手が、紙コップに触れた。
 中に残った液体を、思いっきり高梨の顔に浴びせかける。
 高梨は、動きを止めた。
「私は、あなたの持ち物じゃない! 私の意思を無視して、こんなことをするんだったら、もう二度と会いたくないわ! 出てって!」
 高梨はしばらく茫然《ぼうぜん》と佇《たたず》んでいたが、jacker薯片やがて前から離れた。来たときと同じように、静かにドアを開けて出ていく。
 ドアが閉まってからも、長い間、早苗は堅い姿勢を崩さなかった。
 駅ビルの中にある書店に立ち寄って、早苗は、『バーズ アイ』の最新号が出ているのに気がついた。
 第二回のアマゾン紀行特集は巻頭にあった。主催の全国紙には、すでに同時進行で数回にわたって関連記事が掲載されているが、どちらかというと、系列のグラフィックス誌である『バーズ アイ』の特集の方が好評を博しているらしい。



うと思ったん

カテゴリー

 早苗が呼びかけると、ぎょっとした顔になる。
「前に一度、お目にDiamond水機かかりました。松宮さんのご紹介で。北島早苗です」
 不審そうだった表情がゆるんだ。
「ああ、どうも。よく覚えてますよ。本当に……久しぶりですね」
 表情だけでなく、沈んだ声音も以前とは別人のようだった。
 しばらく雑談した後、高梨はためらいがちに、お茶でもどうですかと申し出た。早苗は、自分でも驚くほど素直に、誘いを受け入れていた。
 二人は、近くにある紅茶の専門店に入った。席についたとき、早苗は、高梨の服装が最初に思ったより金がかかっていることに気がついた。
 カシミアのシャツから、畝の太いコーデュロイのパンツとジャケット、バックスキンの靴に至るまで、完かん璧《ぺき》にフィットしているところを見ると、名のある店での鑽石能量水オーダーメイドとしか思えない。その上、時計は金無垢《きんむく》のパテック フィリップだった。高梨はなぜそんなに金回りがいいのだろうと思う。最近は、新刊本や小説誌のラインアップでも、ほとんど彼の名は見かけないのに。
 早苗が、二、三十種類もある紅茶のメニューから顔を上げると、高梨は、携帯電話に接続した情報端末のディスプレイに熱心に見入っていた。
「失礼。ちょっと、前場の引け値だけ確認しておこです」
 高梨は苦笑し、すぐに機械をしまう。
「為替か何かですか?」
「いや。株ですよ」
 その言葉は、早苗の耳には意外な響きを持Diamond水機って聞こえた。高梨と株という取り合わせが、どうにも、しっくりとこない。
「株の取引を、なさってるんですか?」



いても不思議

カテゴリー


 難所と呼ばれる場所では佐優梨に抱きついたりしていた。

 こうして見ると仲の良い友達に見える。

 が、佐優梨は難所を越えたところで私に耳打ちをしてきた。

「ねぇ。ここなら流れも穏やかだからいいんじゃない」

「そうね」

 船は川幅の広い流れの穏やかな所を通っていた。

 佐優梨がやる気なので私はここで計画を実行することに同意した。

「じゃ、やるわよ」

 ぽつりと、そして心底楽しそうに佐優梨は呟いた。

「見て。あそこに動物いなかった」

 激しい流れが一段落し呼吸を整えている忍にわかるように、佐優梨は山の急斜面を指さした。

 所々剥き出しの岩が見える斜面は確かに鹿などがではない場所だ。

「えっ。どこ」

「ほら。あそこ」

 佐優梨は忍に密着して、斜面を指差し続けた。

 これが邪悪な計画だと知るよしもない忍は愛らしい目で動物を探した。

 が、突如として景色が一変したはずだ。

 ドン。



よりも激しかっ

カテゴリー

私と佐優梨と忍は同じ船で川下りを楽しんだ。

 前日が雨だったDiamond水機影響で川の水流は予想た。

 そのため紅葉が始まった渓谷の景色を楽しむ余裕はなかった。

 ザブーン。

 船先が激しい水しぶきをあげた。

 ばちばちと雨粒が船上に降り注ぐ。

「キャーッ」

「川下りって結Diamond水機構スリルあるね」

「うん。もう、体中びしゃびしゃ」

 私と佐優梨は川下りを楽しんでいた。

 防水用のビニールシートはほとんど役に立たなかった。

 中学校のブレザーの制服はぐっしょりと濡れている。

 私は心のどこかで計画が中止になることを期待していた。

 佐優梨は隣の忍と楽しそうにはしゃいでいた。

 彼女の笑顔から悪意はDiamond water微塵も感じ取れなかった。

「岡崎さん。楽しんでる」

「うん。もう、最高」

 忍も川下りを楽しんでいた。