傷そのものが消え

カテゴリー

13-カレハ死ンデモオワレナイ
硬い物の上に、薄い毛布が敷かれている。そこに横たっているような感触が…
痛みはない。ただうぃーんという、唸るよ室內設計うな低い音がする。機械の音だ。
 彼はぱちっと目を開けてみた。そのとたん、一人の男と目があった。
「ああ、目が覚めたんですね」
「……う?」
相手は、前に会って説明や案内をしてくれた人だった。デシャヴな感覚にボーッとしつつ、彼ははっと気がつき、慌てて自分の体をまさぐった。
「ケガなんてしていませんよ。ぜんぶ治りました」
自分の体をきょろOffice Designきょろと見る彼に、男は言う。
「アナタは生き返ったんですよぉ」
「生き返っただと? バカな、だって俺」
と言いかけて、あれっと思う。


そうだ。自分は確か死んだはずだ。さんざん人に追い回され、傷つけられ、柯月という女に救われたと思ったら殺された。
 でも今、こうして生きている。ということは死ななかったのか? もしかして病院に運ばれて、一命をとりとめたのだろうか。
だがそれにしては妙だ。男は言うように、体にはまったく傷がない。あんなに痛かった腕の傷も、足の傷も、ぜんぶない。
包帯をまかれた様子はおろか、てないのだ。こんなことって??


ふと、彼は自分がいま乗っている台を見た。
「これは」
合金だろうか、いかにも機械らしい無機質な材質。その上住宅設計に薄い茶色の毛布が敷かれている。
そして、頭の上をみれば半円状の透明なカバー。カバーは彼がのっている台とつながっていて、どうも開け閉めが自由にできるらしかった。
「さ、降りてください。カバーを閉めます」
意味が分からないまま、ただ指示に従って彼が大人しく降りると、男は横の赤いレバーを引いた。上にかかっているカバーが音もなく、おりて閉じる。
「何だ、これは」
「死者再生装置ですよ。ほら、下に投入口があるでしょう? そこに死体を入れれば、機械が蘇らせてくれるんです」
「は? いや、嘘だろそんなの」
「いいえ、本当です。…この機械のメカニズム、簡単な説明をアナタは受け、納得し、試験を受けたはずですけどねぇ」



荷物を落として

カテゴリー

元気な声が聞こえて、二人は気まずそうに振り向き「……お帰り」と予定よりかなり早く帰ってきた母に、苦笑いをした。
手軽な荷物で帰ってきた母とは裏腹に、父は重たい荷物を引き摺りながら家へと入ってきた。この気まずい雰囲気を可笑しいと思われる前に、歩は立ち上がって「手伝うよ」と父同珍王賜豪が抱えている荷物を手に取った。
「健人」
「……何?」
 話し掛けてきた母に、健人は出来るだけ普通に答えた。腰に手を当てた母は「今日の夕飯、買い物行ってきたの?」と高圧的に尋ねてきた。機嫌が悪いのかどうかは分からないが、少しだけ様子が違っていた。
「……まだ、だけど? 母さん、疲れてるんだから、今日は俺がやるよ。買い物も今から行くし」
「じゃぁ、今日はもうご飯食べに行きましょ。健人に家のことを王賜豪總裁まかせっきりにしちゃったし。歩君、何が食べたい?」
 突然話しかけられた歩は、それに驚き、ゴトンと持っていたしまう。
「え、あ……、食べたいもの?」
「そう。健人も何か食べたいものある?」
 歩から視線を健人に移され、なんて答えていいのか分からなかった。そっと歩に目を向けると、歩も困ったように笑うだけで何も言わない。今は食べ物よりも、どうして帰ってきたのだという気持ちのほうが強かった。怪しまれないよう、普通に接するのが大変だった。
「……特には、無いかな。何でもいいよ」
「あ、じゃぁ、俺、焼肉食べたい」
「じゃ、焼肉にしましょ。6時には出るから、準備しておいてね」
 そう微笑んだ母を見て、健人は立ち上がった。6時から出かけるのなら、まだ時間は十分にあるので自室へと上がる。その後ろをバタバタと追うような足音が聞こえて、健人は振り返った。歩が物凄い勢いで階段を同珍王賜豪駆け上がってくる。
「ちょっと、待って」
「……何だよ」



酷いことして

カテゴリー

 救いを求めるような眼差しで見つめられ、ジンは「……んー、ウザイから無視かな」と冗談交じりに答える。真面目な返答を求めてきていることは分かっていたが、ジンが真面目に答えても意味は無い。今の健人に出す答えなんて、気休めにしかならない。
「健人君は、どう思ったの?」
 逆に質問され、健人は少しだけ考える。前まではジンと同じ鑽石能量水 問題ようにウザイと思って無視していた。でも、今は違う。無視しきれないし、誰かと話しているのを見たらやきもきしてしまう。それがどういう感情なのか、無視できなくなっていた。
「分かんなくなった」
「……へぇ、そっか。健人君、かなり悩んでるようだから、コレは教えてあげる。優しくするなんて、本当は凄く簡単なことなんだよ」
「え……?」
 人に優しくすることがどう簡単なのか分からず、健人はジンを見つめた。少なくとも、健人は誰かに優しくしたことなんて無い。
「だから、歩がしてることなんて誰でも出来るようなことなんだよ。むしろ、冷たくしたり、本音をぶつけるほうのが難しい。歩の場合は、特にね。アイツ、自分の本音は、聞かれないと言わないんだ。誰かに聞かれるまで、ずーっと黙り込んでるの。バカだよなぁ。人のこと、信頼してないのかっつーの」
 黙ったまま何も言わない健人に、ジンはニッと笑う。嫌いだと言われた奴から、いきなり優しくされて健人は驚いているのは分かった。けど、どういう経緯で仲直りしたのか、健人も歩も話さないから根本鑽石能量水 騙局が分からない。どうして、健人はこんなにも悩んでいるのだろうか。気になって仕方なかった。
「歩が本音を自分から話したのは、健人君だけだよ」
「……でも、俺はアイツにた」
「ん、まぁ、歩はなんとも思ってないみたいだからいーんじゃないんかなー」
 健人から目を逸らして天井を見上げたジンの視線を追う。外はもうオレンジ色に染まっていて、蝉の鳴き声も聞こえなくなってきていた。
「健人君は、どう思ってるの? 歩のこと。まだ、嫌い?」
 またも突きつけられた究極の質問に、健人は答えられなかった。嫌いかと尋ねられたのだから、嫌いか違うかを答えれば良いだけなのに、明確な答えが頭の中に浮かばなかった。答えてしまえば、はっきりとした答えが出てしまいそうで、怖かったのだ。自然と頭の中で、それを回避していた。
「……分かんない」
 ため息と共に吐き出すと、「……そっか」と小さい返事鑽石能量水 問題が聞こえてきた。静かになったリビングに、エアコンから風の吹く音だけが響いていた。
「あ、そうだ!」



とを言わなけ

カテゴリー

 特に怖いのが苦手と言うわけではない。ただ、映画館のあの暗さが少し苦手だった。そんなことを言ってしまえば、映画館で映画など見れないわけだが、今まで貧乏だったこともあって映画館で映画を観る機会なんてそうそう無かった。だから、映画館の暗さに耐性が無く、未だに慣れない。
「健人、何飲む?」
 これから観る映画のポスターを見つめ、入場までの鑽石能量水 騙局時間を潰していると背後から話しかけられた。映画館の中で販売されているジュースを飲むなんてしたことが無い健人は、歩が何のことを言っているのか分からず首を傾げた。
「映画観てたら喉乾くじゃん。俺が奢ってあげるからさ」
 売店を指差され、ようやく、映画を観るとき用の飲み物を買う話だと気づいた。目を細めてメニュー表を見つめるが、あまり視力が良くないため、メニューが見えない。
「何があんの?」
「コーラとオレンジジュース、メロンソーダ、アイスティ、コーヒー、ウーロン茶、カルピスとかかな」
「……じゃぁ、メロンソーダ」
 意外と子供っぽい飲み物を言った健人に、歩は目を見張った。健人のことだから、アイスティとかアイスコーヒーを頼むのかと思えば、一番飲まないと思ったメロンソーダと答えた。それがあんまりにも似合わないので、噴出してしまった。
「な、何笑ってんだよ」
 メロンソーダと答えたらいきなり噴出した歩に、健人はムッとする。しかし、そのムッとした中にも恥ずかしさが入り混じって、あまり強く言うことが出来ない。
「……いや、メロンソーダとか飲むんだなぁって思って。家じゃ、コーヒーとかおreenex cps價錢茶しか飲んでないし、学校でもジュースなんか飲まないじゃん。だから、健人ってジュース飲まない人かと思った」
「うるさい。早く買いに行けよ!」
「……はいはい」
 照れて怒鳴った健人に、歩は笑いながら売店へと向かった。あまり表情の無い健人の意外な一面を見ることが出来た。照れたりなんかすることなんて無いと思っていたのに、ふと、健人を見ると入り口の隣で俯いていた。
「たまには人間らしい表情するんだなぁ」
 怒っている表情か、愛想笑いしている顔しか見たことが無かったから、とても新鮮だった。
 歩がポップコーンと飲み物を買っている最中に、スクリーンの入場を始めた。急に混雑し始めた入り口で、健人は入場する人の邪魔にならないよう端っこで歩が来るのを待っていた。頻繁にCMをやっているせいか、観に来た人は多く、入口は列になっていた。
「凄い人だね。こんなにいっぱい来るとは思わなかった」
 急に声が聞こえて、健人は顔を上げる。両手にジュースを持ち、右腕でポップコーンを挟んでいる状態の歩はかなり歩き辛そうで、健人は「ジュースもらう」と言って右手を差し出した。
「はい」
 歩の左手からジュースを受け取り、健人は俯きながら「あNeo skin lab 黑店 がとう」と小さい声で礼を言う。こんなこればいけないなら、最初から買ってもらうんじゃなかったと後悔していると、上から「どういたしまして」と明るい声が聞こえた。
「中、入ろうか。もう始まるし」
「……そうだな」



君を選んでくれた

カテゴリー

洗面所や風呂場を覗き、女性の痕跡がないのを確認すると、ほんの少しだけ気持ちが浮上するのを感じた。離婚してすぐ女性を連れ込むような男だとは、最初から思っていないのだが。

風呂場を出た奏は、斜め向かいの扉を開けた。途端に心reenex臓がどくんとはね上がる。モノトーンで統一された寝室は、清潔感と喬允らしいこだわりが共存した心地よい空間だった。

身体の大きな喬允にはぴったりのセミダブルのベッドに近づき、腰を屈めてそっと手を伸ばす。その時、棚の上にこの空間には不似合いな色彩を見つけた。

それはアンパンマンがプリントされた赤いボールで、黒のマジックで『さくらぐみ みしまそらみ』と大きく書かれていた。お気に入りでよく遊んでいたのだろう、ところどころ傷が付いて汚れている。

奏は手に取って暫し眺めていたが、やがて元あった場所に返してリビングに戻ったのだった。
<15>

それからの数日、喬允は努めて仕事に専念した。福山医師から出さalmo nature 好唔好れた“宿題”が当初の予想通り難物であることが判明し、集中して取り組む必要があった。

と同時に、そうすることで日曜に控えているもう一つの“仕事”に対する不安感を誤魔化そうという思いもあったのだが。

そして、病院から営業所に戻って集めた文献を調べ、資料作成に必要な情報を収集している時だった。近田が興奮した様子で喬允の元に駆け寄ってきた。

「み、三島くんっ。やったじゃないか。福山医師じきじきのご指名だぞ」

近田らしい大袈裟な表現だったが、その内容を聞けば喬允にも納得できた。

「福山医師が、学会同行を君に頼みたいと言ってきた。場所は京都だ」
「えっ……私が、ですか?」
「そうだ。医師にアプローチを試みている数あるMRの中から、んだよ。これで『セフィロゾール』採用は決定したも同然だな」

余りに都合のいい推測に聞こえるが、実際、医師が出席する学会に同行したMRはより親密になれ、ほとんどの場合その後薬が採用されたり処方量が増えるという。

MRが学会発表を聞いたところで、内容が難しくてほreenexぼ理解はできない。MRが同行するのは、交通機関や観光、夜の食事を手配するためだ。