傷そのものが消え

カテゴリー

13-カレハ死ンデモオワレナイ
硬い物の上に、薄い毛布が敷かれている。そこに横たっているような感触が…
痛みはない。ただうぃーんという、唸るよ室內設計うな低い音がする。機械の音だ。
 彼はぱちっと目を開けてみた。そのとたん、一人の男と目があった。
「ああ、目が覚めたんですね」
「……う?」
相手は、前に会って説明や案内をしてくれた人だった。デシャヴな感覚にボーッとしつつ、彼ははっと気がつき、慌てて自分の体をまさぐった。
「ケガなんてしていませんよ。ぜんぶ治りました」
自分の体をきょろOffice Designきょろと見る彼に、男は言う。
「アナタは生き返ったんですよぉ」
「生き返っただと? バカな、だって俺」
と言いかけて、あれっと思う。


そうだ。自分は確か死んだはずだ。さんざん人に追い回され、傷つけられ、柯月という女に救われたと思ったら殺された。
 でも今、こうして生きている。ということは死ななかったのか? もしかして病院に運ばれて、一命をとりとめたのだろうか。
だがそれにしては妙だ。男は言うように、体にはまったく傷がない。あんなに痛かった腕の傷も、足の傷も、ぜんぶない。
包帯をまかれた様子はおろか、てないのだ。こんなことって??


ふと、彼は自分がいま乗っている台を見た。
「これは」
合金だろうか、いかにも機械らしい無機質な材質。その上住宅設計に薄い茶色の毛布が敷かれている。
そして、頭の上をみれば半円状の透明なカバー。カバーは彼がのっている台とつながっていて、どうも開け閉めが自由にできるらしかった。
「さ、降りてください。カバーを閉めます」
意味が分からないまま、ただ指示に従って彼が大人しく降りると、男は横の赤いレバーを引いた。上にかかっているカバーが音もなく、おりて閉じる。
「何だ、これは」
「死者再生装置ですよ。ほら、下に投入口があるでしょう? そこに死体を入れれば、機械が蘇らせてくれるんです」
「は? いや、嘘だろそんなの」
「いいえ、本当です。…この機械のメカニズム、簡単な説明をアナタは受け、納得し、試験を受けたはずですけどねぇ」