荷物を落として

カテゴリー

元気な声が聞こえて、二人は気まずそうに振り向き「……お帰り」と予定よりかなり早く帰ってきた母に、苦笑いをした。
手軽な荷物で帰ってきた母とは裏腹に、父は重たい荷物を引き摺りながら家へと入ってきた。この気まずい雰囲気を可笑しいと思われる前に、歩は立ち上がって「手伝うよ」と父同珍王賜豪が抱えている荷物を手に取った。
「健人」
「……何?」
 話し掛けてきた母に、健人は出来るだけ普通に答えた。腰に手を当てた母は「今日の夕飯、買い物行ってきたの?」と高圧的に尋ねてきた。機嫌が悪いのかどうかは分からないが、少しだけ様子が違っていた。
「……まだ、だけど? 母さん、疲れてるんだから、今日は俺がやるよ。買い物も今から行くし」
「じゃぁ、今日はもうご飯食べに行きましょ。健人に家のことを王賜豪總裁まかせっきりにしちゃったし。歩君、何が食べたい?」
 突然話しかけられた歩は、それに驚き、ゴトンと持っていたしまう。
「え、あ……、食べたいもの?」
「そう。健人も何か食べたいものある?」
 歩から視線を健人に移され、なんて答えていいのか分からなかった。そっと歩に目を向けると、歩も困ったように笑うだけで何も言わない。今は食べ物よりも、どうして帰ってきたのだという気持ちのほうが強かった。怪しまれないよう、普通に接するのが大変だった。
「……特には、無いかな。何でもいいよ」
「あ、じゃぁ、俺、焼肉食べたい」
「じゃ、焼肉にしましょ。6時には出るから、準備しておいてね」
 そう微笑んだ母を見て、健人は立ち上がった。6時から出かけるのなら、まだ時間は十分にあるので自室へと上がる。その後ろをバタバタと追うような足音が聞こえて、健人は振り返った。歩が物凄い勢いで階段を同珍王賜豪駆け上がってくる。
「ちょっと、待って」
「……何だよ」