気がつかなか

カテゴリー

 それはさておき滋は、そのつぎの朝、軽井沢をたって、東京へかえってきたが、その当座、わすれようとしてもわすれることのできないのは、あのふしぎなできごとである。
 滋はおかあさんにたのんで、小さな守りぶくろをぬってもらうと、あの黄金の鍵をなかへしまいこみ、|肌《はだ》|身《み》はなさず持っていることにした。
 滋はおりおりそっと、守りぶくろのなかから、黄金の鍵seo公司をだしてながめた。するとさまざまな空想のつばさがひろがっていくのだ。
 ああ、この小さい鍵に、いったい、どのような秘密があるのだろうか。剣太郎の腕の筋肉から出てきたということだが、いったいだれがそんなところへ、黄金の鍵を封じこめておいたのだろうか。
 じいやの話によると、剣太郎は小さいときから、左の腕のつけねに大きなおできがあったそうだが、そのなかに、このような鍵がかくしてあろうとは、夢にも知らなかったということである。
 してみると、だれがこの鍵をかくしたにしろ、それは剣太郎の、まだものごころもつかぬころのことなのにちがいない。
 ああ、ものごころもつかぬ子どもの腕のなかに、鍵をかくそうなどとは、なんというひどいことをしたものだろう。しかし、また考えなおすと、それだけにこの鍵のたいせつさがわかるような気もするのだ。ひょっとすると、この鍵こそは剣太郎の、幸運のとびらをひらく鍵ではないだろうか。
 ある日、滋はその鍵を、てのひらにのせてつくづくながめていたが、そのうちに、鍵のうえになにやら小さな文字らしいものが、ほってあるのに気がついた。そこで、お父さんの部屋から、虫めがねをかりてきてしらべてみると、そこにほってあるのは、『|N《ナン》|O《バー》|.《.》|1《ワン》』という文字、すなわち第一号という文字である。
 滋は、はてなとばかりに首をひねった。
 第一号というからには、第二号や第三号の、黄金の鍵があるのだろうか。もし、あるとすればどこにあるのだろう。
 滋はいよいよ深い謎のなかに、まきこまれていく気峇里島旅行團持ちだったが、そのうちに、十日ほどおくれて、謙三も軽井沢からかえってきた。謙三は滋のうちに同居して、大学へ通っているのである。
 ふたりは学校からかえると、毎日、軽井沢の話ばかりしていたが、するとそれからまた五日ほどたって、金田一耕助がひょっこりたずねてきた。
 金田一探偵はそれまで軽井沢にのこって、警察の人たちといっしょに、いろいろしらべていたのである。
 その耕助の話によると、あのきみょうな三軒の家をたてたのは、ゆくえ不明のサーカス王、鬼丸太郎だということがわかったそうである。
 しかし、なぜあのように三軒の家を、なにからなにまで、そっくり同じかたちにたてたのか、そこまではまだわからないということなのだ。
 三軒の家は谷をへだてて三つの丘に、それぞれたっているのだが、外から見て、いかにもよくにた家だということは、近所の人も知っていたものの、中までそっくり同じだとは、いままでだれも知らなかったのである。
 謙三と滋があらしの夜、一夜の宿をもとめたのは、いちばん南の丘にある家だった。そしてつぎの日、目をさましたときには、いちばん北の家へはこばれていたのだが、なにしろまえの晚、ひどいあらしで道にまよっていたので、つぎの朝、あき家をとびだしたときには、そこがきのうの道とちがっていることに、ったのもむりはない。
「それで、先生」
 謙三は、いつのまにやら、金田一耕助を先生とよぶようになっていた。
「鬼丸博士のゆくえはまだわかりませんか」
「わかりません。警察でもやっきとなって、さがしているようですがね。ときに滋君、きみは、あの鍵をもっているでしょうね」
「ええ、ここに持っています」
 滋は守りぶくろから、黄金の鍵をだしてみせると、
「ところが、先生、この鍵について、ちょっとみょうなことを発見したのですよ」
 と、あの番号のことをかたってきかせると、金田一耕助も虫almo nature 狗糧めがねをとって、まじまじと鍵のおもてをながめながら、
「なるほど、なるほどたしかにナンバー.ワンとほってありますね。すると、これは滋君のいうように、第二、第三の鍵があるのかもしれませんね。しかし、あるとすればどこにあるのか、いやいったい、だれが持っているのか……」
 金田一耕助はそういって、虫めがねをもったまま、しばらくじっと考えこんでいた。



て言われるのか

カテゴリー

「さすが異世界人。このアタシにすら思いつかない発想を、いともたやすくやってのけるわね」

 褒められているのかバカにされているのか微妙だが、まぁここはポジティブに取ってやる。

「アタシにとって、いや、あんた以外の全ての人にとって、名前は”共有”ではなく”奪う”為にある物だからね」

「互いを深く知りあう為に、敢えて差し出しあうのね……ハハ、あんたの世界。どいつもこいつも構ってチャンばかりなんじゃないの?」

 妙に当たっている所が何故か少し悔しい。さすが大康泰領隊魔女と言った所か……
 お察しの通り、こっちでは他人と繋がるツールが世界規模で流行している。
 それを使って人に自分を見てもらう。その為だけに犯罪行為すら犯す者もいるくらいだからな。

「アタシはそんなの無かったからねー……基本的にずっと森にいたし」

「人恋しいとか一切思わないし、そばにいたい人も、大切な人もいない」

「あんたの世界じゃそんな女。心のないreenex膠原自生冷酷非情な女っしら」

 そこまでは言わないが……ただまぁ実際そういう人もいるしな。
 みんながみんなそうじゃない。人付き合いが嫌いな奴だっている。
 現に――――僕の様に。

「まぁ暗いとか、ぼっちとか、あまりいい意味で呼ばれないのは確かっすね」

「好きになれそうにないわ。あんたの世界」

 別に好意を持てなんて頼んだ覚えはない。しかし奇遇だな、そこは僕も同意見だ。
 あの人との繋がりが全てと言わんばかりに、他人に縛られ、さらにはそ康泰旅遊れを美徳と考え、その輪に馴染もうとしない者は穢れていると言わんばかりの侮蔑の目線……
 我が世界ながら息が詰まりそうになるよ。



その中でた

カテゴリー


 山賊達は邪魔そうにこちらを見ているが、そんな目線はなんのその、一人だけ体力の有り余っている大魔女様の声が、この小さな祠に響き渡る。
……この時ふと気づいた。男が見ていたのは僕ら二人ではなく、僕の口元に注がれようとしている”ヘドロ”の方であった事を。

「……すいません」

「なに!? 今忙しい!」

「~~~~!」

「差支えなければその薬、私に譲っreenexていただきたいのですが」

「へ?」

 意外過ぎる反応だった。男の視線はこの有害物質を羨ましそうに欲しがる視線だったのだ。なんでこんなもんを……と大魔女様以外の全員が思っている。
 しかし男は凍てついた表情のまま、さらにこう続ける。

「もちろんただでとは言いません。もし御譲り頂けるのでしたreenexら代わりにこちらも、対価を差し出しましょう」

「そうですね……これなんてどうでしょう」

 男はそう言うと祠の奥から何かを運び入れ、音を立てぬ用テーブルマナーのように柔らかに置いた。
 その場の全員がそれが何かを理解できず物珍しそうな目で見つめるが、だ一人だけ、その物の使い方がわかる人間がいた。

「君ならわかるでしょう。使った事はないかもしれませんが」

「あ……これ……」

――――酸素ボンベ。消防隊員やスキューバダイビングなどで使われる背負うタイプの携行酸素供給装置。
 使用用途は登山時にも適用され、その効果は主に低酸素下reenexにおける酸素供給の目的で使われる。

「何せ高度が高度ですからね。その装備では厳しいですよ」

「なんですかいこりゃあ。酒でも入って……お、結構重いな」



恐怖の目で見

カテゴリー │California Fitness 收費

メレッサの艦隊は父が新たにくれた艦船が加わって一万隻もの大艦隊になっていた。
 彼女は自分の艦隊の様子を確認に小型の宇宙艇で自分の艦隊に向かっていた。出陣前に一度、実際に自分の艦隊を見ておきたかった。それを見ても何も変わらないのだが、どこか安心できる。
 セダイヤワの周回軌道にはDR Max 教材出撃の準備のため、ものすごい数の宇宙船が浮かんでいるのが窓から見えていた。
「これは、第6旅団、ドイルス将軍の艦隊です」
 横でコリンスが説明してくれる。
「あっちに見えるのが、第2旅団、マリムレイ将軍の艦隊です」
 コリンスがいろいろと教えてくれるが、ともかくものすごい数の宇宙船が浮かんでいることしか分からなかった。ここにドラール軍のほぼすべての軍艦が集まっている。ルビルにいた頃は恐怖の対象でしかなかったドラール軍の宇宙船がこんなにも頼もしく感じるなんて。
 メレッサが乗った宇宙艇は、それらの宇宙船の間をすり抜けていく。
「あれが、姫君の第20旅団です」
 コリンスが指差す方を見た。境目がどこなのか分からないが、前方にたくさんの宇宙船が浮かんでいるのが見えた。あれが私の艦隊らしい、私の艦隊もドラール軍の一部なのだ。全銀河系の人々からられ鑽石能量水ているドラール軍の宇宙船が目の前にある。しかも、それが自分の艦隊なのだ。
 宇宙艇は艦隊の中に入っていく、前方に巨大な宇宙戦艦が見えてきた。
「あれが、旗艦のスリナビです」
 セラブ提督の旗艦だったミルビスより大きく見えた。
「私は、あれに乗るんですか?」
「そうです。あれなら、少々の砲撃を受けても大丈夫です」
「セラブ提督は?」
 ミルビスはどうなるんだろう。私のスリナビが旗艦になるとミルビスは旗艦ではなくなる。
「もちろん、提督もご一緒にご乗艦になります。作戦についDR Max 教材ては提督が助言してくれます」
 コリンスが説明してくれる。助言が絶対に必要だ。メレッサは戦闘になったらセラブ提督に任せるつもりだった。