私を売らな

カテゴリー │瑪花纖體有效嗎



家に戻るとすぐにラポンテから連絡が入った。ラスタさんからの訪問の正式の申し入れだ。急いで返事が欲しいと言う。ラスタさんのあの性格なら早く返事してあげないとラポンテが困ってしまうだろう。
 まず、バッサラさんに相談しようと思ったが、あいにく彼は奥様の仕事をしていて、時間がかかりそうだった。
 セリーは自分でやってみる事にした。この程度の事なら、いように話HIFU 瘦身を仕向けることが出来そうだった。
 セリーは旦那様の所に向かった。
 旦那様は書斎でデザインをかいてある最中だった。
「ちょっとよろしいですか?」
 セリーは部屋の中に入った。
 かなりの緊張だった。アンドロイドが人間を思うように動かす。怖いが、いつかは出来るようにならないといけないのだ。
「じつは、私を買いたいと言う人がいるんです。その人がその交渉のためにお会いしたいそうです」
 セリーは話を切り出した。旦那様はきょとんとして顔を上げた。
「君を… なぜ?」
 さあ、うまく説明して私を売るのはもったいないと思わせなければならない。
「アンドロイドにはそれぞれ個性があります。で、私はかなり特殊な個性に作られてしまったみたいなんです。こんなのは滅多にできないそうです。ほら、この前、私は初期型に近いとおっしゃった事dysport 瘦面があったでしょ、その方もそんな私の個性が気に入って私が欲しくなったんです」
「なるほど」
 旦那様は改めてセリーをまじまじと見つめている。
「でも、私はカレンと別れたくありません。私ならカレンとうまくやれると思います。でも、もし私を売ったら、カレンから逃げ出さないアンドロイドなんてまず見つからないと思います。お願いです、私を売らないでください」
「なるほど」
 セリーは夢中で訴えたが、旦那様の反応は今ひとつだ。
「もし、私を売ったら、こんなアンドロイドはもう見つかりませんよ」
 セリーはもう一度念を押したが、どこか声がうわずってしまった。
 旦那様は椅子を回してセリーを真正面から見つめている。
「その人と、どこで会ったの?」
「今日、お暇をいただいて、私の友達の所へ遊びに行ったんです。そこのご主人です」
「で、その人が君を気に入ってしまったわけか?」
「そうです」
 旦那様はセリーを見ながら考えている。
「で、その人、君をどのくらいの旅遊景點値段で買うつもりなんだね?」
「えっ……」
 話がまずい方向に進み始めた。
「いえ… あの…… 確か、かなりの金額は…… 出すつもりのようです」
「そうか」



声を張った笑

カテゴリー │瑪花纖體有效嗎



「どうして?」
 また、高笑いが響いた。いの中に、ときどき悲鳴にも似た喘《あえ》ぎ声が混じる。ほとんど病的な躁《そう》状態にあるようだ。早苗の背筋を冷や汗が滑り落ちた。まさか。
「薬ってのは、のむためにあ高壓通渠るんだろう?」
 まるで自分が、気の利いたジョークを飛ばしたとでもいうように、高梨は爆笑した。
「高梨さん。今、薬をのんでるのね?」
 高梨の笑いの発作が鎮まるのを待ってから、早苗は訊《たず》ねた。
「薬かあ。のんだよ。もちろん」
「ねえ、教えて。どのくらいのんだの?」
「どのくらいか。どのくらいかなあ」
 高梨は、喉《のど》の奥で機嫌のいい猫のような音を立てた。
「わからない……わかれない……わかりえない。ん? どれが正しいんだっけ?」
「ねえ、これは大事なことなの。よく聞いて。あなたが持ってったのは、すごく強い薬なの。のみすぎると、命にかかわるのよ」
「そうか。命にねえ。それは大変」
「冗談じゃないのよ。ねえ、今、どこにいるの? すぐにのんだ薬を吐き出さないと、手遅れに……」
「うるさい。僕は、昔っから、アール?デコは嫌いだって言っただろ? ぐにゃぐにゃして、気持ち悪いんだ」
 高梨は、吐き捨てるように言った。
「高梨さん……」
「ああ、ごめん。君に言ったんじゃないんだ。さっきから、うるさいんだよ」
「うるさいって?」
「天使。もう、さっきからずっと、まわり中で囀《さえず》ってる。ごちゃごちYOOX 購物ゃと、僕にいろんなことを言うんだ。わけのわからないことばかり、喃語《なんご》みたいな……」
 一刻も早く、高梨を見つけだして、胃を洗浄して睡眠薬に拮抗《きつこう》する薬を注射する必要がある。だが、彼はいったいどこにいるのか。
「高梨さん。そこがどこなのかだけ、教えて? ね?」
「そうじゃないって。水滸伝《すいこでん》には、そんな奴《やつ》は出てこない」
 高梨が言葉を切ると、かすかに、聞き覚えのある音が聞こえた。固いもの同士を、ゆっくりと打ち合わせるような響き。……グラスの中で、氷がぶつかるような。
「あなた、お酒を飲んでるの?」
 早苗は息をのんだ。
「だめよ。すぐにやめて。睡眠薬とアルコールを一緒にのむなんて、自殺行為なのよ!」
「どうして、そんなことばかり言うんだ? 意味がないじゃないか? え? どうして、蒸し焼きにしなきゃならないんだ?」
「高梨さん!」
 早苗は、叫んだ。
「うるさいんだよ。そんなにまわり中で。どうしてYOOX 購物ほしいんだ? 僕は、聖徳太子じゃないぞ。せめて、質問をするのか啼《な》くのか、どっちかにしてくれ」
 高梨は、グラスの液体を飲み干したらしい。からりという乾いた音がした。



自分は言える

カテゴリー │兒童安全椅



 一方的に電話は切れた。松下は慌てて妹にかけ直したが、気が遠くなるほどコールしても繋がらない上に、途中から通話中になってしまった。願いをかけて携帯韓國 午餐肉電話を鳴らしたが、留守番電話になるだけで反応はない。怒った妹の仕打ちはひどいものだった。こういうやり方をすれば、自分が断れないと知っているのかと思うとよけいに腹が立ってきた。このまま妹と連絡が取れなければ、食事の約束を断るためだけに、女性に会いに行かなくてはいけなくなる。見ず知らずの人に『来てくれて申し訳ないですが、帰ってください』とだろうか。
 とたん、胃の底が絞られるようにキリキリと痛んだ。腹を抱えたままうずくまる。じっとしていればおさまるかと思っていたが、痛みはひどくなる一方だった。以前、胃潰瘍をやってしまった時に飲んでいた薬が残っていたことを思い出し、よろけるようにしてキッチンの戸棚を探った。ようやく見つけた胃薬を縋るような気持ちで飲み干したが、すぐには痛みは引いていかない。リビングのソファーまでよろよろと歩き、横になる。引かない痛みに、額にうすっらと脂汗がにじむ。そうしているうちに、玄関のほうから物音が聞こえてきた。彼が帰ってきたと気づいて、目を閉じた。眠っているふりをした…。
 足音が近づいてくる。頬に触れられる感触に驚いて、ビクリと背中韓國 午餐肉を震わせた。目を開けると、過剰な反応に彼のほうが戸惑ったような表情で指を引いた。
「起こしてごめんなさい」
「いえ!」
 松下はソファーから起き上がると、指先で額を拭った。胃の痛みに加え、気分で悪くなる。彼が自分の顔を覗き込むような素振りを見せた。
「顔色が悪い」
「夜だからでしょう」
 誤魔化したまま逃げるようにリビングをあとにしようとしたところで、腕をつかまれた。ソファーに引き戻される。
「胃が痛むんじゃないですか」
『いいえ』と否定しても彼は信じてくれなかった。
「キッチンに胃薬が出しっぱなしになってた。最近、食欲もなかったし、ずっと気になってはいたんだけど…何か悩んでいることがあるんですか。俺なんかがでしゃばってどうにかなる問題じゃないかもしれないけど」
 問いかけてくる目は真剣だった。後ろめたさのあまりぎくしゃくと視線を逸らした松下の手を、彼は強く握りしめた。
「どうして俺の目が見られないんですか」
 お互いが黙り込む。居心地の悪さと彼に与えられるプレッシャーで、薬を飲んだにもかかわらず胃の痛みはだんだんと強くなっていく。
「僕は君に話したくない」
 そう言ったとたん、彼の見せた悲しそうな顔に胸韓國 午餐肉を突かれた。慌てて言葉を付け足す。
「問題の解決如何にかかわらず、僕は話をすることで君に嫌われることを裂けたいんです」
 彼は大きく首を横に振った。
「俺は先生を嫌いにはならない」
 言葉を素直に受け取ることができなかった。それどころか、ひどく自虐的な気分になる。
「どうしてそう言い切ることができるんですか。僕のような男よりも、もっと気の利いた誰かを好きになるかもしれないじゃないですか。若い君を引き止めておけるほど、僕は自分に魅力があるとは思ってない。だからマイナス要素はできるだけ排除しておかないと…」
 恋人の顔に怒ったような、厳しい表情が浮ぶのを見て、松下は手のひらにじわりと汗をかいた。どうしようもない焦りが全身に広がる…。
「俺は先生が先生だから好きになった。年齢も職業も関係ない」