私を売らな

カテゴリー │瑪花纖體有效嗎



家に戻るとすぐにラポンテから連絡が入った。ラスタさんからの訪問の正式の申し入れだ。急いで返事が欲しいと言う。ラスタさんのあの性格なら早く返事してあげないとラポンテが困ってしまうだろう。
 まず、バッサラさんに相談しようと思ったが、あいにく彼は奥様の仕事をしていて、時間がかかりそうだった。
 セリーは自分でやってみる事にした。この程度の事なら、いように話HIFU 瘦身を仕向けることが出来そうだった。
 セリーは旦那様の所に向かった。
 旦那様は書斎でデザインをかいてある最中だった。
「ちょっとよろしいですか?」
 セリーは部屋の中に入った。
 かなりの緊張だった。アンドロイドが人間を思うように動かす。怖いが、いつかは出来るようにならないといけないのだ。
「じつは、私を買いたいと言う人がいるんです。その人がその交渉のためにお会いしたいそうです」
 セリーは話を切り出した。旦那様はきょとんとして顔を上げた。
「君を… なぜ?」
 さあ、うまく説明して私を売るのはもったいないと思わせなければならない。
「アンドロイドにはそれぞれ個性があります。で、私はかなり特殊な個性に作られてしまったみたいなんです。こんなのは滅多にできないそうです。ほら、この前、私は初期型に近いとおっしゃった事dysport 瘦面があったでしょ、その方もそんな私の個性が気に入って私が欲しくなったんです」
「なるほど」
 旦那様は改めてセリーをまじまじと見つめている。
「でも、私はカレンと別れたくありません。私ならカレンとうまくやれると思います。でも、もし私を売ったら、カレンから逃げ出さないアンドロイドなんてまず見つからないと思います。お願いです、私を売らないでください」
「なるほど」
 セリーは夢中で訴えたが、旦那様の反応は今ひとつだ。
「もし、私を売ったら、こんなアンドロイドはもう見つかりませんよ」
 セリーはもう一度念を押したが、どこか声がうわずってしまった。
 旦那様は椅子を回してセリーを真正面から見つめている。
「その人と、どこで会ったの?」
「今日、お暇をいただいて、私の友達の所へ遊びに行ったんです。そこのご主人です」
「で、その人が君を気に入ってしまったわけか?」
「そうです」
 旦那様はセリーを見ながら考えている。
「で、その人、君をどのくらいの旅遊景點値段で買うつもりなんだね?」
「えっ……」
 話がまずい方向に進み始めた。
「いえ… あの…… 確か、かなりの金額は…… 出すつもりのようです」
「そうか」