恐怖の目で見

カテゴリー │California Fitness 收費

メレッサの艦隊は父が新たにくれた艦船が加わって一万隻もの大艦隊になっていた。
 彼女は自分の艦隊の様子を確認に小型の宇宙艇で自分の艦隊に向かっていた。出陣前に一度、実際に自分の艦隊を見ておきたかった。それを見ても何も変わらないのだが、どこか安心できる。
 セダイヤワの周回軌道にはDR Max 教材出撃の準備のため、ものすごい数の宇宙船が浮かんでいるのが窓から見えていた。
「これは、第6旅団、ドイルス将軍の艦隊です」
 横でコリンスが説明してくれる。
「あっちに見えるのが、第2旅団、マリムレイ将軍の艦隊です」
 コリンスがいろいろと教えてくれるが、ともかくものすごい数の宇宙船が浮かんでいることしか分からなかった。ここにドラール軍のほぼすべての軍艦が集まっている。ルビルにいた頃は恐怖の対象でしかなかったドラール軍の宇宙船がこんなにも頼もしく感じるなんて。
 メレッサが乗った宇宙艇は、それらの宇宙船の間をすり抜けていく。
「あれが、姫君の第20旅団です」
 コリンスが指差す方を見た。境目がどこなのか分からないが、前方にたくさんの宇宙船が浮かんでいるのが見えた。あれが私の艦隊らしい、私の艦隊もドラール軍の一部なのだ。全銀河系の人々からられ鑽石能量水ているドラール軍の宇宙船が目の前にある。しかも、それが自分の艦隊なのだ。
 宇宙艇は艦隊の中に入っていく、前方に巨大な宇宙戦艦が見えてきた。
「あれが、旗艦のスリナビです」
 セラブ提督の旗艦だったミルビスより大きく見えた。
「私は、あれに乗るんですか?」
「そうです。あれなら、少々の砲撃を受けても大丈夫です」
「セラブ提督は?」
 ミルビスはどうなるんだろう。私のスリナビが旗艦になるとミルビスは旗艦ではなくなる。
「もちろん、提督もご一緒にご乗艦になります。作戦についDR Max 教材ては提督が助言してくれます」
 コリンスが説明してくれる。助言が絶対に必要だ。メレッサは戦闘になったらセラブ提督に任せるつもりだった。



一個人的時光

カテゴリー │California Fitness 收費


熙熙攘攘的街道,人頭攢動的車廂,水泄不通的長龍,什麼時候世界變得如此密不透風,讓人目眩頭暈。是不是也有這樣的時刻,你對如此擁擠的生活感到慌張,是不是也有這樣的日子,你想要找一片寧靜,一片屬於自己的寧靜。

曾經,我也有過做一個文藝青年的夢。或許是個慵懶的午後,一個人在圖書館韓國 泡菜 靠窗的桌旁坐下,挑選一本心儀已久的雜文,捧一杯自己喜歡的奶茶,感到困乏就小憩片刻,感到疲倦就走到窗前伸個懶腰,享受陽光的溫暖;又或許是個小雨的清晨,穿上一雙雨鞋,撐起一把素色的雨傘,掛上MP3,一個人漫步在林蔭的小道,世界只剩下自己和耳機中那首會隨著哼唱的歌。但是,這一切都不那麼現實,或者說不可能成為現實。我依然有我的生活,忙碌的生活,必須和形形色色的人打交道的生活。或許大家韓國 泡菜都認為這樣的生活才是正軌,才是一個大學生該有的樣子。是的,我不否認,我需要和人接觸,需要與人溝通,需要團隊精神。所以,我想要的個人時光,是指在完成一天的學習與工作之後的自由時間。在今天的花花世界,娛樂設施多不勝數,不可避免的社會浮躁感,也使得越來越多的人選擇在閑暇時間,三五成群,互相做伴,以擺脫自己韓國 年糕所謂的寂寞。其實,那只是更寂寞的表現。一個人又有何不可?一個人,我可以靜靜的反思這一天的得與失,我可以為明天做出一個完美的規劃,我可以悄悄的發泄自己今天的不滿,我也可以小小的為自己今天的成就自戀一下。一個人我也可以過得很好,何必矯情的在網絡上發出類似“想打電話時,翻遍電話簿也找不到合適的人”的狀態。學會享受一個人的時光,我並沒有得到不合群的評價,也沒有影響和朋友的友誼。當學會享受這所謂的“寂寞”成為一種習慣,或者說只有當我學會了生活才能享受“寂寞”。

在一個人的時光中,我平息了自己的心思,面對生活的曲折,我會一笑而過;經曆了風雨,我也只是“見那雨還是雨,風也只是風”,多麼劇烈的語言都可以變成溫柔的叮嚀。若是沒有這一個人的時光,我又怎麼會懂得,人生是用來靜靜享受的,並不是用來大肆揮霍的。

僅僅是每天晚上剛走在回寢室的路上的那一首歌的時間,我便可以在一天忙碌中得到慰藉,讓所有的煩惱隨著歌聲飄走。偶爾哼唱兩聲,就算唱得走調難聽,又何必在意旁人的眼光,因為這只是屬於我的時光。是我的寶藏,是我的收藏。我的時光如此短暫而美好,那你的呢?何不從現在開始,沒准是你洗衣服的時候,沒准是你上樓梯的時候……

任何時候,學會享受一個人的時光。